FX始めたての頃に頭を混乱させがちなのが「聞きなれない単語」の多さです。中でも難しいのが「レバレッジ」というものになります。そこで今回はFX初心者向けに「FXのレバレッジ」「計算方法」「リスク」などについて解説していきます。

この記事でわかること

この記事を読めば

  • 国内FXの最大レバレッジが25倍であること
  • レバレッジの計算方法
  • レバレッジ取引のメリットは持っている資金以上の取引ができること
  • FXでレバレッジなしにするメリットは損失が膨らまないこと

以上の知識が得られ「FX始めたて」というあなたも「脱初心者」に近づけます。

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」をさす言葉であり、FXにおいては非常に重要なシステムとなります。「てこ」とは「少しの力で重いものが持ち上がる」というものです。

FXにおけるレバレッジには、この「てこ」とよく似た部分があります。具体的にレバレッジとは

  • 証拠金の数十倍相当の資金を動かし取引ができる仕組み

のことをさします。FXに限らず投資業界では、このレバレッジがよく使われていますので覚えておきましょう。

例えば「1ドル=100円」のタイミングで250万円相当の投資を行うためには、通常であれば250万円の資金が必要となります。

これに対し、レバレッジをかけた状態であれば「10万円分の証拠金で250万円の取引」が可能となります。この状態は、10万円の証拠金に対し「25倍のレバレッジをかけている」もしくは「25倍のレバレッジを効かせている」と表現されます。

具体的には「25倍のレバレッジで10万円の証拠金の口座」において

  • レバレッジをかけ「1ドル=100円」で買いを入れた
  • 為替相場が「1ドル=100円」から「1ドル=110円」となった

以上の条件で決済すると「25万円の利益」が生まれます。つまり「10万円の証拠金で25万円の利益を手にした」ということになります。これがレバレッジが重要な理由となります。

ただし「10万円の証拠金で25万円の利益を手にできる」ということは、逆に「10万円の証拠金で25万円の損失を手にする」という可能性もありますので注意してください。

以上のことからレバレッジは

  • 少額投資家の強い味方
  • 投資効率を高める武器
  • 諸刃の剣

などと言われています。上記の通り、レバレッジにはリスクも付きまとうため、安易に考えないよう気をつけてください。

また、レバレッジについては多くの場合「口座の設定」などから「最大倍率」の選択ができます。

例えば

  • レバレッジが必要ない場合「1倍」
  • レバレッジが欲しい場合「10倍」

などです。

また一部「取引口座の種類ごとにあらかじめ上限が決められている」というケースもあります。そのため、もし設定がない場合は「口座の種類」も確認しておきましょう。詳しい確認方法は、FX会社の公式サイトなどを確認してみてください。

国内FXの最大レバレッジは25倍

金融庁による「レバレッジ規制」によって、国内のFXにおける最大レバレッジは「25倍」と規定されています。そのため、具体的には「10万円の証拠金で取引できる金額は250万円まで」ということになります。

しかし、このレバレッジ規制は「個人口座の場合」に限られるため注意してください。

また「証拠金規制」というルールも存在しており、個人トレーダーの場合は「総取引金額の4%以上の証拠金」が必要となります。そのため「高レバレッジで取引したい」という場合には、ある程度資金が要りますので注意してください。

国外は無制限

上記に挙げた「レバレッジの規制」は国内のみであるため、海外では特に制限がありません。そのため「888倍」のレバレッジを誇るFX会社も存在しています。FXに慣れたのち、もし「レバレッジを大きくかけたい」と思った際には、海外口座の開設を視野に入れるのがおすすめです。

レバレッジの計算方法

上記で「レバレッジの最大倍率設定の方法」をご紹介しましたがレバレッジには「オン、オフ」という切り替えがあるわけではないため注意してください。

例えば「この取引ではレバレッジをかけたいからオンにする」といったことはできません。なぜなら、レバレッジは

  • 取引数量
  • 有効保証金

によって変化するからです。

レバレッジの計算式は

  • レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効証拠金

以上の式となります。

例えば「10万円の証拠金で1万ドルの取引を行った」と仮定します。この際のレートが「1ドル=100円」であるとすると

  • (100×1万)÷10万=10

となり、かけられるレバレッジは10倍と分かります。つまり「10万円で100万円分の取引が可能」というわけです。

レバレッジのメリット

紙幣

レバレッジのメリットは

  • 証拠金以上の金額で取引ができること
  • うまく使えば効率よく稼げること

以上の2つです。順に解説していきます。

メリット1, 証拠金以上の金額で取引ができること

レバレッジのメリット1つ目は「証拠金以上の金額で取引ができること」です。

前述の通り、レバレッジをかけると証拠金の数倍から数十倍の金額で取引を行うことが可能となります。これがレバレッジ最大のメリットです。

例えば、1ドル=100円であるとします。この状態で10万円の証拠金を口座に入れ、1万ドル分(100万円分)の取引を行うとします。つまり「10倍のレバレッジ」で取引を行っていることと同義です。

このとき、100円で買ったドルを110円で売れば10万円(10円×1万ドル)の利益が得られます。

以上のことからレバレッジ最大のメリットは「証拠金以上の金額で取引ができること」と言えるわけです。

メリット2, うまく使えば効率よく稼げること

レバレッジのメリット2つ目は「うまく使えば効率よく稼げること」です。

上記に挙げた「1つ目のメリット」と少し話はかぶりますが、同条件で半分の5千ドル取引を行ったとしましょう。するとレバレッジは上記の半分となり「5倍」に変わります。つまり、利益も半分となり5万円(差額10円×5千ドル)の利益です。

以上のことから「高いレバレッジの取引は効率が良い」ということが言えるわけです。

レバレッジのデメリット

レバレッジのデメリットは

  • レバレッジ取引にはリスクがともなうこと
  • 証拠金規制のルールにより強制決済される可能性があること

以上の2つです。順に解説していきます。

デメリット1, レバレッジ取引にはリスクがともなうこと

レバレッジのデメリット1つ目は「レバレッジ取引にはリスクがともなうこと」です。

前述の通り、レバレッジは効率よく資金を増やすことが出来るため重宝するシステムです。しかし「効率よく利益を得る」ということの裏には「同等のリスク」が存在します。

例えば

  • 1ドル=100円
  • 10万円の証拠金

以上の条件で「1万ドル分(100万円分)の取引」を行うとします。この場合、前述した通り「10倍のレバレッジ」での取引が可能です。つまり、1ドル=110円でドルを売れば10万円の利益がでます。

しかし、逆に言うと1ドル=90円などとなった場合には「証拠金規制」により強制決済されてしまいます。この場合には、少なくとも「7万5千円」の損失がでます。ここにスプレッド費用が加算されることもあり、もしもの場合にでる損失は安くないため、注意してください。

(※証拠金規制とは 個人トレーダーの場合に「総取引金額の4%以上の証拠金」が必要となるルールのことです。)

また、もしこの強制決済が滑った場合には

  • 証拠金をすべて失う
  • 追証がかかる

といった可能性もありますので注意しましょう。

(※ レートの落ちる勢いが凄まじい場合には「強制決済」がうまく機能せず遅れることがあります。その場合には損失が大きく膨らむ可能性があり、これをFXでは「滑る」と言います。)

この際に証拠金額を超えてマイナスとなった場合「追証」と呼ばれる追加支払いが必要となりますので注意してください。

デメリット2, 証拠金規制により強制決済される可能性があること

レバレッジのデメリット2つ目は「証拠金規制により強制決済される可能性があること」です。

上記で少し紹介しましたが、

  • 1ドル=100円
  • 10万円の証拠金

以上の条件で「1万ドル分(100万円分)の取引」を行ったとします。この場合「1ドル=90円」となると「証拠金規制」により強制決済されます。

以上のように「強制決済」は「証拠金が4%未満」となった場合になされます。そのため、上記の取引を行ったとき「2万5千円」を1円でも割り込めば「強制決済」が執行されます。

もし証拠金額が半額だった場合には、もっとラインが低くなるため「強制決済されやすくなる」というわけです。以上のことから「レバレッジ取引には強制決済されるリスクが伴う」ということが言えます。

 

レバレッジをかけた取引のポイント

レバレッジをかけた取引のポイントは

  • 証拠金に余裕を持つ
  • 高レバレッジ取引でのリスクは高い
  • ポジションを持ちすぎない

以上の3つです。順に解説していきます。

ポイント1, 証拠金に余裕を持つ

レバレッジをかけた取引のポイント1つ目は「証拠金に余裕を持つ」です。

まずFXには「ロスカット」と呼ばれる仕組みが存在しています。ロスカットとは「取引の損失が一定レベルに達した場合、損失拡大を防ぐため強制的に取引が決済される」というものです。

前述の通り、レバレッジをかけた取引は利益、損失ともに大きくなります。そのため、それに伴い「ロスカットが執行される確率」も高くなります。

また「証拠金以上の損失をだす可能性」も忘れないようにしましょう。いつロスカットが滑るか分からないため、自分を守る意味でも証拠金には余裕をもつようにしてください。

(※ 滑るとは、急激な価格変動によりロスカットが間に合わないことです。最悪の場合、追加支払いが必要となります。)

また、レバレッジをかけられる最低金額の証拠金を「必要証拠金」と呼びます。「1ドル=100円」のレートで「レバレッジ10倍の取引がしたい」という場合、必要証拠金は「10万円」です。

「10万円しか入っていない」という口座でレバレッジ取引を行う際には、すぐに強制決済される例も多いです。そのため、レバレッジ取引では証拠金に余裕が必要というわけです。

※必要証拠金の計算式

  • 必要証拠金=通貨レート÷レバレッジ
  • 例:「1ドル=100円」の場合 10円=100円÷10

この場合の必要証拠金は1通貨あたりのため、取引量をかけてください。1万通貨なら「10×1万」です。

損失がでた際「証拠金不足の危険性」を表す数値を「証拠金維持率」と呼びます。「純資産÷必要証拠金×100 」という計算式で数値が算出されます。純資産とは「すべての取引が終了した時点での証拠金」のことです。

FX会社によって

  • 「証拠金維持率100%以下でロスカットを実行する場合」
  • 「証拠金維持率50%以下でロスカットを実行する場合」

など違いがありますので注意してください。

ポイント2, 高レバレッジ取引でのリスクは高い

レバレッジをかけた取引のポイント2つ目は「高レバレッジ取引でのリスクは高い」です。

高レバレッジ取引の「利益が大きくなる可能性が高い」という特徴だけを切り取り「積極的に高レバレッジ取引を行う」という初心者トレーダーは多いです。

しかし、高レバレッジ取引では

  • 相場の流れを読む力
  • 取引への慣れ

など「基本的なスキル」がなければ「大損失がでるリスク」の方が高いです。

また高レバレッジ取引は損益が大きく、一喜一憂する方が多いため、精神的な負担がとても大きいです。そのため、特に初心者のうちは気をつけてください。

気をつけ方としては「実効レバレッジを意識する」というのが一番おすすめです。

実効レバレッジとは「純資産額に対し現在保有しているポジションが何倍に達しているか」を表す数値のことです。つまり、実際の取引にかかっているレバレッジです。(※ ポジションとは決裁していない取引のこと)

ネットなどで簡単に計算できるツールがあるため、そちらを利用し計算してみてください。また、FX会社によってはツールを提供している場合もあるため、確認してみてください。

一般的に「実効レバレッジは3倍程度にしておくこと」が推奨されています。また、3倍程度であれば「簡単に証拠金不足になる可能性は低い」とされています。取引に慣れるまでは倍率に気をつけてください。

ポイント3, ポジションを持ちすぎない

レバレッジをかけた取引のポイント3つ目は「ポジションを持ちすぎない」です。

メリットの大きいレバレッジには、利益の反面リスクもつきまとっています。しかし「レバレッジを最大限高める」という目的のもと、少ない証拠金で可能な限りポジションを持つ方がいます。この場合、大きな利益への期待が膨らむ一方で、リスクも同様に膨らんでいっていることを忘れてはいけません。

例えば「100万円の証拠金」があるとすると、100万円全額でポジションを持つトレーダーなどが一定数います。このような取引をすれば、リスクがかなり高くなりますので絶対にやめましょう。

また、ロスカットルールがあるため損失が大きくなる前に、取引は自動で強制終了されます。しかし、前述の通り「滑って追加支払いが必要」というケースもあります。そのため、レバレッジ取引には細心の注意を払うようにしてください。

レバレッジによる利益はリスクと比例すること」をしっかり覚えておきましょう。

 

FXのメリットデメリットについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

 

FXはレバレッジなしでもできる

天秤

FXはレバレッジなしで取引することも可能です。具体的に説明すると「レバレッジなし」という状態は、証拠金に対し「1倍」のレバレッジをかけている状態と同義と言えます。そのため、レバレッジなしにする場合は「1倍」の設定にしましょう。

特に「FXを始めたばかり」という初心者の方には「レバレッジなしの取引」をおすすめします。

理由には

  • 損失が膨らむリスクが比較的小さいこと
  • 取引が安定しやすいこと

などが挙げられます。レバレッジ取引は初心者のうちに行うと「ギャンブル」のように一喜一憂する方が多く「分析して取引をする」といったトレードにおける「あたりまえ」がおろそかになるため注意してください。

初めから「効率的に利益を得る」ということはかなり難しいです。そのため、普通の取引に慣れるまでレバレッジ取引は我慢しましょう。まずは、レバレッジなしでの取引に慣れることから始めてください。

以下では

  • FXでレバレッジなしにするメリット
  • FXでレバレッジなしにするデメリット

以上の2つを紹介していきます。

FXでレバレッジなしにするメリット

FXでレバレッジなしにするメリットは

  • 損失がふくらむリスクが低い
  • 外貨預金より手数料が低い傾向にある

以上の2つです。

メリット1, 損失がふくらむリスクが低い

FXでレバレッジなしにするメリット1つ目は「損失がふくらむリスクが低い」です。

レバレッジをかけない取引は「自分の持つ証拠金以上の損失がでにくい取引」と言えます。なぜなら、レバレッジは「少ない資金で多額の取引を行うためのもの」だからです。そのため、損失がでた場合でもその額は最低限で済みます。

また、証拠金以上の損失がでにくい取引ということは「ロスカットが執行される可能性」も少なくなります。FX初心者にはもちろんですが、安全に取引をしたい方にもレバレッジなしの取引がおすすめです。

メリット2, 外貨預金より手数料が低い傾向にある

FXでレバレッジなしにするメリット2つ目は「外貨預金より手数料が低い傾向にある」です。

外貨預金とは、その名の通り「日本円ではなく外国の通貨で銀行などに預金する」といったことをさします。外貨預金は

  • 為替相場の変動によって利益を得られる
  • 他の投資に比べリスクが少ない

といったメリットがあります。

この外貨預金のメリットは、FXにおけるレバレッジなしの取引とよく似ています。しかし、外貨預金よりFX取引の方が「手数料が低い」ということが多いため、外貨預金より利益が伸ばしやすいと言えます。

FXでレバレッジなしにするデメリット

FXでレバレッジなしにするデメリットは

  • 損失が少ない代わりに利益も少ない
  • 自力で一定の資金を準備しなければならない

以上の2つです。順に解説していきます。

デメリット1, 損失が少ない代わりに利益も少ない

FXでレバレッジなしにするデメリット1つ目は「損失が少ない代わりに利益も少ない」です。

上記に挙げた通り、レバレッジなしの取引には、レバレッジありに比べ「損失が膨らみにくい」というメリットがある反面、利益も少なくなるというデメリットが見られます。

しかし、レバレッジなしの取引であっても

  • 取引回数を増やす
  • 長期トレードを行う

といった工夫をすれば、利益を増やせる可能性もあります。利益を効率的に上げたい場合には、レバレッジの活用が必須です。そのため、自身の状況と経験を考慮し「レバレッジの有無」を決めましょう。

デメリット2, 自力で一定の資金を準備しなければならない

FXでレバレッジなしにするデメリット2つ目は「自力で一定の資金を準備しなければならない」です。

レバレッジをかけた取引の場合「取引金額が手元になくても取引が可能」となっていました。具体的には「証拠金10万円で100万円分の取引が可能」といったものです。

しかし、レバレッジなしの場合は「証拠金=取引限度額」となります。そのため、取引したい分の金額を「自分で調達する」といったことが必要となりますので注意しましょう。

 

FXのメリットデメリットについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

 

レバレッジに関するよくある質問

Q:「レバレッジをかける」、「レバレッジを効かせる」という言葉の意味は?

A:レバレッジを使って取引を行うことを、一般的に「レバレッジをかける」もしくは「レバレッジを効かせる」と表現します。

 

Q:レバレッジとロットの違いとは?

レバレッジとは「証拠金に対し数倍から数十倍の金額分取引できる仕組み」をさします。

一方で「ロット」は取引単位ですので、全く別の物となります。混同しないよう注意してください。しかし、無関係ではなく、レバレッジはロット(取引数量)で調整ができるため、以下の式を覚えておきましょう。

  • レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効証拠金

 

初心者におすすめのFX口座3選

初心者におすすめのFX口座は

  • GMOクリック証券
  • 外為どっとコム
  • DMM FX

以上の3つです。順に解説していきます。

おすすめ口座1, GMOクリック証券

GMOクリック証券 ロゴ

初心者におすすめのFX口座1つ目は「GMOクリック証券」です。

出典:GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイントは

  1. 大手GMOグループ運営なので、安心
  2. PC・スマホともに取引ツールが高機能
  3. FX取引高世界1位

以上の3点です。

GMOクリック証券は、2020年に「FX取引高世界1位」を獲得した世界的な信頼と実績を誇る大手FX会社です。(※ ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~12月)

また、PC用の分析ツールには

  • 初心者向けのプラチナチャート
  • 上級者向けのはっちゅう君FX

といった「使い分けができるチャート」が用意されているため、非常に使い勝手が良いことも特徴です。

GMOクリック証券は「どこの口座を開設するか迷っている」という場合におすすめできるFX口座です。

おすすめ口座2, 外為どっとコム

初心者におすすめのFX口座2つ目は「外為どっとコム」です。

出典:外為どっとコム

外為どっとコムのおすすめポイントは

  1. FXオンラインセミナーを開催している
  2. 初心者、上級者問わず使いやすいツールが豊富
  3. FXに関連する情報が豊富にある

以上の3点です。

外為どっとコムは、初心者に優しいという特徴があり、ツールはPC用、スマホ用、iPad用、AppleWatch用など幅広く用意されています。また、FXに関連する情報が豊富にあるため、投資知識のない初心者におすすめです。

おすすめ口座3, DMM FX

初心者におすすめのFX口座3つ目は「DMM FX」です。

出典:DMM FX公式サイト

DMM FXのおすすめポイントは

  1. DMM FX専用アプリの使い勝手が良い
  2. 取引口座数が多く信頼できる
  3. LINEでのサポートが受けられる

以上の3点です。

DMM FXでは取引数に応じポイントが付与され、そのポイントでも取引ができます。また、取引口座数が80万口座を突破しており、日本国内でも屈指のFX会社です。さらに「スマホ専用アプリが使いやすい」と評判で「スキマ時間にFXを始める」という初心者にもおすすめです。

 

DMM FXについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

 

まとめ

グラフ

この記事で覚えてほしいこと

  • レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効証拠金
  • レバレッジはハイリスクハイリターンの諸刃の剣
  • 証拠金規制というルールがあること
  • 初心者のうちはレバレッジを使わない取引がおすすめであること

 

FXのレバレッジとは?計算方法やリスクをわかりやすく解説」についてはお分かりいただけたでしょうか。レバレッジは多くの方が使っていますが、リスクを考慮せず使えば自滅してしまいます。扱いに注意し安定的な取引を心がけましょう。

 

おすすめの記事