近年、FX業界で人気が出つつある「FOFX」というFX会社をご存知でしょうか。恐らく多くの方に聞きなじみがないと思います。そこで今回は「FOFXの評判や口コミ」「特徴やメリット・デメリット」について詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること

この記事を読めば

  • FOFXはスプレッドがとても狭いこと
  • FOFXには海外口座特有のゼロカットシステムがあること
  • FOFXの最大レバレッジは200倍であること

以上の知識が得られ「口座選びに迷っている」というあなたも「よいFX会社探しのヒント」を得ることができます。

 

FOFXについて

FOFXは「スプレッドが異常なほど安い」と話題のFX会社です。普通のFX会社の場合、取引市場との間に仲介役の「証券会社」が入って取引を行うため、その分手数料が上乗せされたりスプレッドが広くなったりします。

しかしFOFXの取引にはこの仲介会社がいないため、手数料を上乗せしたり、スプレッドを広くする必要がないわけです。そのため、他のFX会社より有利な取引が可能となっています。

下記は大まかな概要です。

FOFXについての概要
ライセンス国 セーシェル共和国
取り扱い通貨ペア 300ペア
コモディティ 3種類
最大レバレッジ 200倍
強制ロスカットに至る維持率 80%
取引プラットフォーム MT4
ゼロカットシステム あり
ボーナス なし
メール、サイトの日本語対応 あり
約定率 高い
入出金 銀行振り込み、ビットウォレット
所在地 セントビンセント及びグレーナディン諸島

 

FOFXのサービスについて

ここではFOFXのサービスとして

  1. 通貨ペア
  2. スプレッド
  3. レバレッジ

以上3つを解説していきます。

1, 通貨ペア

FOFXで取引できる通貨ペアは300種類あります。

主要通貨である

  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • GBP/USD(英ポンド/米ドル)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • USD/JPY(米ドル/円)

以上4通貨をはじめとして、高金利通貨である

  • ZAR(南アフリカランド)
  • TRY(トルコリラ)

なども取引可能です。

日本国内のFX会社のおよそ10倍強の取引通貨を誇っているため、通貨数に対しての不満はまず起こりません。しかし「どのペアが取引できるのか?」などと利用可能な通貨を探す場合には種類が多すぎるため、少し骨を折るかもしれません。

2, スプレッド

FOFXのスプレッドについては40通貨以上が公式サイトにて公表されています。全て載せると多すぎるため、一部通貨のスプレッドを下表に抜粋します。

USD/CHF(米ドル/スイスフラン)

0.6pips

GBP/USD(英ポンド/米ドル)

0.5pips

EUR/USD(ユーロ/米ドル)

0.5pips

USD/JPY(米ドル/円)

0.5pips

ZAR/JPY(南アフリカランド/円)

1.0銭

TRY/JPY(トルコリラ/円)

1.1銭

出典:FOFX 取引銘柄

特に

  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • GBP/USD(英ポンド/米ドル)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • USD/JPY(米ドル/円)

以上の主要4通貨は、日本国内のFX会社より「スプレッドの狭さ」において高水準です。

また

  • ZAR(南アフリカランド)
  • TRY(トルコリラ)

以上についても日本国内のFX会社とスプレッドの狭さは互角であり、比較的取引しやすいです。

 

スプレッドについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

    3, レバレッジ

    FOFXにおける最大レバレッジは「200倍」となっています。日本国内のFX会社は、25倍が最大になるよう法律で制限を受けていますが、海外にはそうした制限がありません。そのため、国内のFX会社に比べレバレッジは高めです。しかし、世界的に見ると「200倍」という倍率はそこまで大きいとも言えません。

    また、FOFXのロスカット基準は証拠金維持率80%となっています。

    証拠金維持率の計算式は

    • 純資産÷証拠金×100=証拠金維持率

    以上の通りです。

    海外FX会社ではレバレッジが高い分、日本のFX会社よりチャンスが多いです。しかし、その分ロスカットによって証拠金がなくなる可能性も高いため注意しましょう。

    また、海外口座を使うにあたって覚えておいてほしいのが「ゼロカットシステム」と呼ばれるものです。ゼロカットシステムとは「証拠金以上の損失が出た場合、証拠金を0にし追証を行わない」というシステムです。

    つまり「証拠金以上の損失はかぶらない」ということになります。日本国内のFX会社に比べ、海外FX会社が人気を博すのはこのシステムを使った「ハイレバレッジ投資」が原因となっています。

    ハイレバレッジ投資とは、限界までレバレッジをかけた上で行われる、利益追求型の投資です。この投資を日本で行った場合、後で支払いが生じるため「やりたくてもできない」という人が多いですが、海外には「ゼロカットシステム」があるためできるというわけです。

     

    レバレッジについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

     

    FOFXの特徴3選

    ここではFOFXの特徴として

    1. MT4で取引ができる
    2. スプレッドが狭い
    3. 思い切った取引もしやすい

    以上3つを紹介していきます。

    1, MT4で取引ができる

    FOFXの特徴1つ目は「MT4で取引ができる」です。

    FOFXにおいて取引に使用できるツールはMT4「MetaTrader4」というアプリ、またはソフトのみになります。

    このMT4 は世界標準として使われるプラットフォームであり、非常に使い勝手が良いです。また、プロトレーダーなら必ずと言って良いほど使用しているツールです。

    例えば

    • インジケーターの追加といった機能の拡張
    • チャートの色を変えるといったカスタマイズ

    などができます。

    通常のFX会社が提供するアプリの場合であれば、インジケーターや機能は追加できません。しかし、MT4はFX会社が提供しているわけではないため、ネットから好きなインジケーターや機能を持ってきて拡張することも可能です。

    また

    • トレンドライン
    • フィボナッチリトレースメント

    といった分析に使うツールもそろっているため、初心者プロ問わず使いやすいツールです。

    2, スプレッドが狭い

    FOFXの特徴2つ目は「スプレッドが狭い」です。

    上記で紹介した通り、特に主要通貨

    • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
    • GBP/USD(英ポンド/米ドル)
    • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
    • USD/JPY(米ドル/円)

    以上の4つは狭いです。

    具体的なスプレッドは以下の通りです。

    USD/CHF(米ドル/スイスフラン)0.6pips GBP/USD(英ポンド/米ドル)0.5pips
    EUR/USD(ユーロ/米ドル)0.5pips USD/JPY(米ドル/円)0.5pips

     

    スプレッドについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

    3, 思い切った取引もしやすい

    FOFXの特徴3つ目は「思い切った取引もしやすい」です。

    上記で紹介した通り

    • レバレッジ最大200倍
    • ゼロカットシステム

    などによって、証拠金以上の損失がない投資が可能となっています。

    そのため、リスク許容の範囲内であれば思い切った取引がしやすいです。資金効率が比較的上げやすく、初心者がFXを始めるにもおすすめです。

    初心者のうちは特に、損切ができず思いがけない損失が出やすいです。そのため、もし損切ができなくて証拠金以上の損失が出た場合にも、追証が来ることのないFOFXはおすすめですよ。

     

    レバレッジについてもっと知りたい方には下記がおすすめ

     

    FOFXで取引をする3つのメリット

    FXチャート

    ここではFOFXで取引をするメリットとして

    1. スプレッドがとても狭い
    2. 海外口座特有のゼロカットシステム
    3. 約定力が強い

    以上3つを紹介していきます。

    1, スプレッドがとても狭い

    FOFXのメリット1つ目は「スプレッドがとても狭い」です。

    前述の通り、FOFXは普通のFX会社と異なり、取引市場との間に仲介役の「証券会社」が入っていません。そのため、その分手数料が上乗せされたりスプレッドが広くなったりしておらず、業界でも話題になるほどスプレッドが狭いです。

    スプレッドが狭ければ、利益を伸ばしやすく有利なポジションが取りやすいため、稼ぎやすさに直結します。そのため「他のFX会社より有利に取引できる」と言えます。

    FOFXは特に

    • 自己資金の少ない方
    • 初心者の方

    などにはおすすめのFX会社です。

    2, 海外口座特有のゼロカットシステム

    FOFXのメリット2つ目は「海外口座特有のゼロカットシステム」です。

    海外のFX口座には日本にない「ゼロカットシステム」が備わっています。ゼロカットシステムは前述の通り「証拠金以上の損失が出ない」というシステムです。

    世界的にも人気なゼロカットシステムが日本にない理由は「法律で禁止されているから」です。

    ここで「じゃあ、ゼロカットシステムのついた海外口座は使っちゃダメなんだ」と勘違いされる方がまれにいますが、海外のFX会社には日本の法律が及んでいないため、利用に際しては何の問題もありません。

    そのため

    • 思い切った取引がしたい
    • 大きなレバレッジで取引してみたい

    という方にはFOFXがおすすめですよ。

    3, 約定力が強い

    FOFXのメリット3つ目は「約定力が強い」です。

    FOFXは約定力が強く、希望価格からレートがずれにくいです。約定力とは、希望通りの注文を確定させる力のことをさします。

    FX会社によっては「サーバーが弱いために、注文の確定が遅れ希望レートとずれてしまう」といったケースも見られます。しかし、こうしたケースがFOFXではほとんどないため、安心して取引ができます。

    また、この希望レートから注文がずれてしまうことを

    • 注文が滑る
    • スリッページ

    などと呼びます。

    一般的には

    • 注文が滑りやすい=約定力が弱い
    • 注文が滑りにくい=約定力が強い

    以上のように表現されますので覚えておきましょう。

     

    以上がFOFXで取引をするメリットです。基本的に使い勝手が良く、初心者の方にはおすすめできるFX会社です。国内のFX会社に比べ取引リスクが最小限で済むため、ぜひ開設を検討してみてください。

     

    FOFXで取引をする3つのデメリット

    ここではFOFXで取引をするデメリットとして

    1. 知名度が薄く実績が取り上げられていない
    2. ロスカットの基準が高い
    3. 入金ボーナスなどが特にない

    以上3つを紹介していきます。

    1, 知名度が薄く実績が取り上げられていない

    FOFXのデメリット1つ目は「知名度が薄く実績が取り上げられていない」です。

    FOFXでは「アフィリエイト」を行っていないため、紹介されているサイト数が少なくなっています。

    例えば

    • 紹介報酬のあるFX会社
    • 紹介報酬のないFX会社

    以上2つがある場合、多くの方は「紹介報酬のあるFX会社」を記事にします。

    そのため、紹介されている数が少なく実績が取り上げられていません。加えて、海外のFX会社であるため、日本では聞きなじみもないわけです。

    知名度が低いと聞くと「少し怖いかも」と思うかもしれませんが安心してください。FOFXは金融ライセンスを「セーシェル共和国」でとっているため、仮にFOFXが破綻しても資金は守られます。他のFX会社同様、FOFXは信頼できるFX会社であるため、利用にはまったく問題ありません。

    2, ロスカットの基準が高い

    FOFXのデメリット2つ目は「ロスカットの基準が高い」です。

    前述の通り、FOFXはロスカット基準を証拠金維持率80%に設定しています。そのため「ロスカットぎりぎりで取引したい」という方には不向きです。

    しかし、証拠金に余裕をもって取引するのがよしとされているFXで「ロスカットぎりぎりの取引をしたい」というのも問題です。

    また

    • ポジションを持ちすぎない
    • 証拠金に余裕を持つ

    といったFXの基本を徹底すれば、何の問題もないため人によってはデメリットとならないかもしれません。

    3, 入金ボーナスなどが特にない

    FOFXのデメリット3つ目は「入金ボーナスなどが特にない」です。

    他のFX海外業者に見られる「入金後〇%還元」といったボーナスが見られないこともFOFXのデメリットです。基本的に海外のFX会社には「ボーナスが豊富にある」というケースが多く見られるため、そこと比べた場合には見劣りします。

    しかし、このボーナスの資金源はスプレッドなどの取引手数料です。また、アフィリエイトを行っている場合の資金源もこうした手数料です。

    そのためボーナスがない分、普段の取引から低コストに取引でき、最終的にはボーナスがある会社よりお得になります。目先のボーナスに踊らされないようよく検討しましょう。

     

    以上がFOFXのデメリットです。デメリットと言ってもそこまで大きなものはありません。そのため、受けられるメリットの方が大きいです。もし今「FX会社選びに迷っている」という場合には、開設をおすすめしますよ。

     

    FOFXの口コミ評判

    ここでは

    • 良い口コミ評判
    • 気になる口コミ評判

    以上の順に解説していきます。

    良い口コミ評判

    良い口コミ評判は以下の通りです。

    気になる口コミ評判

    気になる口コミ評判は以下の通りです。

     

    FOFXについてよくある質問

    Q:なぜこのような仕組みを作ろうと思ったのか。

    A:

    発端は「お客様にもっと安く商品を提供することはできないのか?」と言う一つの問いかけからFOTradingsプロジェクトは始まりました。 そのために中間マージン(手数料)を一つでも減らし証券会社を介さない「圧倒的に低価格」での商品提供に繋がっています。

     

    Q:ライセンスはどこですか?

    A:

    セーシェル共和国です。 金融ライセンスを扱う上でも世界最高峰の審査の厳しさを誇る国を選びました。お客様目線での安心感を第一にとった形です。

     

    Q:LP直通の価格レートとはなんですか?

    A:

    皆様が取引をする際、証券会社の手数料上乗せしレートに書き換えた後に取引となります。 そう言った証券会社の手数料を介さないレートがLP直結レートとなります。

     

    Q:レバレッジ比率は何倍ですか?

    A:200倍です。

     

    Q:取引はどこからできますか?

    A:「①口座開設」「②MT4のダウンロード」が必要となります。

     

    まとめ

    この記事で覚えてほしいこと

    • FOFXはスプレッドがとても狭い
    • FOFXにはゼロカットシステムがあり、思い切った取引をしやすい
    • FOFXはアフィリエイトを行っていないため知名度が薄く実績が取り上げられていない

     

    FOFXの評判や口コミは?特徴やメリット・デメリットも徹底解説!はお分かりいただけたでしょうか。

    恐らく「FOFXという会社の名前を聞くのが初めて」という方も多いと思います。現在進行形で人気が出てきている会社のため、まだ知名度は浅いです。しかし、誰にとっても使い勝手の良い会社なので、ぜひこれを機に口座開設の検討をしてみてください。

     

    おすすめの記事