bitget(ビットゲット)はコピートレードで簡単に始められる?
この記事でわかること
この記事を読めば
  • コピートレードはbitget(ビットゲット)でしかできないこと
  • bitget(ビットゲット)のコピートレードには7,000以上の選択肢があること
  • bitget(ビットゲット)ではトレーダーの成績を細かく知ることができること
  • bitget(ビットゲット)のコピートレーダーには利用できる人数の上限があること
  • bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準は利益率の高さであること

 

以上の知識が得られ「コピートレードについて知りたい」というあなたもコピートレードについて詳しく知ることができます。

ユウ
ユウ

こんにちは! 金融メディア「FINAN CELL(フィナンセル)」編集部のユウです。

この記事では「bitget(ビットゲット)のコピートレード」について詳しく解説していきます。

bitget(ビットゲット)が人気を博している理由の1つ「コピートレード」についてご存知でしょうか。

聞いたことはあるんですが詳しくは知らないですね。
キン
キン

ユウ
ユウ
コピートレード自体に馴染みが無い方も多いため、そういった方も多いようです。

そこで今回はbitget(ビットゲット)のコピートレードについて解説していきます。

 

コピートレードとは?

コピートレードって何なんですか?
キン
キン

ユウ
ユウ
コピートレードとは「他人の取引方法を使って取引をする」といったトレードのことです。

ちなみに「仮想通貨」を取り扱う取引において「コピートレード」を提供しているのは現時点で「bitget(ビットゲット)のみ」となります。

そのため、コピートレードに興味のある方はbitget(ビットゲット)を利用してください。

具体的なコピートレードの概要は下記の通りです。

コピートレードの概要
コピートレードでは「他人の取引手法」を丸々コピーしてトレードを行います。
そのため「他のトレーダーに取引を任せる方法」とも表すことができます。

コピートレードと自動売買はべつ

よくある勘違いが「自動売買=コピートレード」というものです。

コピートレードと自動売買について

自動売買ではPCなどにシステムをインストールする必要があるため、自身で取引決済用のPCやスマホを用意する必要があります。

一方、コピートレードではシステムのインストールなどが必要ないため注文決済に自身のPCやスマホはいりません。

つまり、コピートレードと自動売買はまったくの別物であり

  • コピートレード=他人に取引を任せる
  • 自動売買=システムに取引を任せる

といった特徴を持ちます。

注意!!
この点を勘違いすると「各取引のデメリット」に気が付かず大きな落とし穴にハマる可能性もありますので注意してください。

 

bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリット

コピートレードについてはわかりました。

次にbitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリットを教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリットは下記の3つです。順に解説していきます。

1, 自分で取引しなくて良い

bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリット1つ目は「自分で取引しなくて良い」です。

本来投資では

  • チャート分析
  • 情報収集

といった工程を踏み取引を行います。

ただ、分析を行うには「知識」と「時間」もある程度必要です。そのため「日常が忙しい」という場合には、そもそも取引時間があまり取れないこともあります。

 

しかし、コピートレードであれば「自身で取引を行う」というわけではないため、時間も知識も必要ありません。

そのため、もし「本業が忙しく取引ができない」といった場合には、おすすめの取引手法なので、ぜひ利用を検討してみてください。

ユウ
ユウ
「自分で取引するのが怖い」といった初心者の方でも簡単に利用できます。また、取引の勉強にもなるため、利用してみる価値は大いにありますよ。

2, 7,000人以上のトレーダーから選択できる

bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリット2つ目は「7,000人以上のトレーダーから選択できる」です。

bitget(ビットゲット)のコピートレードでは「トレーダー登録」を行っているトレーダーの中から、任せたいトレーダーを選択できます。

また、そのトレーダーの数は「7,000人以上」となっており、選択肢も豊富となっています。

ユウ
ユウ
自身で気に入った人を選ぶことができますので、よく検討するようにしましょう。また「コピートレードに何を求めたいのか」をよく考え選択してください。

3, トレーダーの成績が細かくわかる

bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリット3つ目は「トレーダーの成績が細かくわかる」です。

公式サイトもしくは「取引画面上のメニュー」から「コピートレーダーの戦績」が確認できます。また、情報は細かくまとめられており、取引に詳しくない方でも理解がしやすくなっています。

注意!!
一時間毎にトレーダーの情報は更新されています。つまり、長期的に見た場合には、当然成績の変動もあるわけです。
そのため、その場ですぐ決めるのではなく、時間をかけて比較検討するよう注意してください。

 

確認できるトレーダーの情報は下記の通りです。

確認できるトレーダーの情報
  1. 収益割合
  2. 注文数量
  3. フォロワーの情報(数など)
  4. 収益金額
  5. 損益件数
  6. 取引ペア
  7. 注文の履歴
  8. 現在の注文

フォロワーについては数以外にも情報開示がなされていますが「収益のある利用者のみ」の表示です。そのため、その情報だけでは判断できませんので注意しましょう。

ユウ
ユウ
「過去すべての情報」「直近3週間以内の情報」といった形で細かく情報は得られます。そのため、コピートレードに興味がある場合は、ぜひ納得がいくまで細かく確認をしてみてください。

 

ユウ
ユウ
以上がbitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリットです。かなり使い勝手の良いトレード手法であり、初心者の方にもおすすめできます。もし気になる方は、公式サイトをのぞいてみてください。

 

bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点

bitget(ビットゲット)でコピートレードをするメリットについてはわかりました。

次にbitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点について教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点は下記の3つです。順に解説していきます。

1, 100%勝てるものではない

bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点1つ目は「100%勝てるものではない」です。

まず「コピートレード=収益が必ずでる」というものではない点に注意してください。

もちろん、コピートレードでトレーダー登録を行っている方は多くの利益を上げていますが、その勝率は100%ではありません。

 

投資では「損小利大」という基本があり、仮想通貨においてもそれは変わりません。損小利大とは「損失を可能な限り小さくし、利益を大きくする」というものです。

そのため、もちろん損失がでることもありますし、収益に差がでることもあります。

つまり、トレーダーの調子などによっては損益額が変わりますので、まかせっきりにせず自身でも損益の確認をしておきましょう。

ユウ
ユウ
「大丈夫だろう」と放置していると損失が膨らんでいることもあります。そのため、定期的に経過の観察を行いトレーダーの変更なども考慮するようにしてください。

2, トレーダーを利用できる人数には上限がある

bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点2つ目は「トレーダーを利用できる人数には上限がある」です。

トレーダーを選びコピートレードを行うこと自体は誰にでもできます。

しかし、トレーダー側には「実績次第でフォロワー数の上限が変わる」という制約があります。そのため、人気のトレーダーほど上限に達していることが多いです。

注意!!
「利用したいトレーダーのフォロワー枠」が上限に達している場合にはコピーができません。
そのため、コピートレードを利用する際には注意してください。

また、上限に達していた場合には

  • リマインダー設定をする
  • 他のトレーダーを使う

以上のどちらかを選択する必要があります。

リマインダー設定とは
トレーダーのフォロワー枠に空きがでた場合、通知がくるようにする設定です。

ユウ
ユウ
利用したいトレーダー候補はいくつか持っておくのがおすすめです。また「どうしてもこの人が良い」といった場合には、リマインダー設定を行うようにしてください。

3, 自身の取引知識は増えない

bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点3つ目は「自身の取引知識は増えない」です。

コピートレードは上記で紹介してきた通り「自身での分析」などが不要なため、意識的に相場の勉強をしない限り取引知識は増えません。そのため、下手をすると「いつまでも初心者のまま」といったことになりかねません。

特に「トレーダー登録をしている方」が取引をやめてしまった場合や、不調となった場合には自身で取引をしなければならない可能性もあります。そのため、自身でも積極的に相場の勉強をしてみてください。

ユウ
ユウ
おすすめは「コピートレード」で注文を出されている相場を確認し「なぜ勝てているのか」「なぜ負けているのか」を自分なりに分析することです。

特に「投資」においてはすべてが自己責任となるので「誰かに任せて楽しよう」という考えは、今のうちに捨てておきましょう。

 

ユウ
ユウ
以上がbitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点です。特に「フォロワー枠の上限」は、待つか他の人を探すかしかないため、注意してください。

また、他の注意点については「当然の話」といったものが多いです。そのため、全体的に使いやすい取引所と言えます。

 

コピートレードの利用手順

bitget(ビットゲット)でコピートレードをする注意点についてはわかりました。

次にコピートレードの利用手順について教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
コピートレードの利用手順は下記の通りです。

1, 口座開設をする

コピートレードの利用手順1つ目は「口座開設をする」です。

当たり前の話ですが、まずコピートレードを利用するには口座開設を行う必要があります。

具体的な口座開設手順は下記の通りです。

bitget(ビットゲット)における口座開設手順
  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 必要事項を入力する
  3. 認証コードを確認し入力する

公式サイトへアクセスすると画面上部に「登録」という表示がありますので、そちらをタップしましょう。

画面が遷移したら

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • パスワード

以上3つを入力し登録を行ってください。

ここまでが完了すると「認証コード」がメールアドレスか電話番号宛に送られてきますので、そちらを確認し入力してください。

注意!!
bitget(ビットゲット)の公式サイトには偽物もありますので、不安な方は上記リンクから登録を行ってください。
誤って偽サイトで入力をした場合には、個人情報を悪用される危険もありますので注意しましょう。

ユウ
ユウ
口座開設さえ終わってしまえば、あとは簡単です。ただ上記にも記した通り「偽サイト」もありますので、URLを確認するなどしっかり注意しましょう。

2, フォローしたいトレーダーを探す

コピートレードの利用手順2つ目は「フォローしたいトレーダーを探す」です。

トレーダーを探す方法には

  • 公式サイトから探す
  • ログイン後の画面メニューから探す

以上2通りがあります。

そのため「コピートレードが気になる」といった場合には、まず公式サイトを確認してみるのがおすすめですよ。

また、登録後にログインを行うと画面上のメニューからトレーダーを探せるようになります。あらかじめ希望条件を決めておき、自身に合うトレーダーを探してください。

注意!!
トレーダーを探す場合には
  • 現在未決済の注文がないか
  • 長期的に安定しているのか

などを見るようにしてください。

なぜなら「戦績がよさそうに見える」といった場合でも「時期によって落ちる」「未決済の注文がある」といった可能性があるからです。

戦績はあくまで「決済されたもの」しか反映していないため、注意しましょう。

ユウ
ユウ
「コピートレード」を行っているのは「システム」ではなく、あくまで人間です。そのため、ある程度調子の波が出てくることもあります。短絡的に考えて決めると痛い目を見るため、注意してください。

3, 詳細の設定をする

コピートレードの利用手順3つ目は「詳細の設定をする」です。

コピートレードではフォロー後に

  • 通貨ペア
  • レバレッジ

といった設定が可能となります。

また、選択の際には

  • 統一で選択:トレーダーと同じ設定
  • それぞれで選択:自身の希望設定

以上2つから選ぶことができます。

特にこだわりがない場合や、初心者の方であれば統一がおすすめです。すべての設定が完了したら「コピー注文を始める」をタップしてください。

注意!!
リスク管理についてですが「利確」「損切」といった比率の設定は忘れずに行いましょう。
「プロのトレーダーだから大丈夫だろう」といった慢心はかなり危険です。
自分の資金は自分で守れるようにしてください。

ユウ
ユウ
設定次第でコピートレードの結果は大きく変わってきます。そのため、初めのうちは少額ずつの取引にし、だんだん慣らしていってください。

 

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準

コピートレードの利用手順はわかりました。

次にbitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準を教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準は下記の5つです。

1, 通貨ペアで決める

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準1つ目は「通貨ペアで決める」です。

まず最も重要なのが「通貨ペア」となります。

なぜなら、通貨ペアごとに

  • 相場変動の範囲
  • 分析のしやすさ
  • 取引量

などに差が生じるからです。

コピートレードに限らず通常の取引でも、これらの差を自身の希望とすり合わせて、通貨ペアを決めることになりますので覚えておきましょう。

通貨ペアを決める基準
安定した収益が欲しい場合:
取引量の多い通貨ペア
大きな利益が欲しい場合:
価格変動の大きい通貨ペア
注意!!
「大きな利益が欲しい」という場合には、利益に応じたリスクが生じます。そのため、安易に価格変動の大きな通貨ペアを選ばないようにしてください。

ユウ
ユウ
通貨選びをしなければ始まりません。そのため「それぞれの通貨の特徴」は押さえておくのがおすすめですよ。

2, 許容リスクで決める

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準2つ目は「許容リスクで決める」です。

コピートレードが投資である以上「リスクを0にする」というのは不可能です。

そのため

  • トレーダーの情報
  • 投資に出せる金額

などから許容リスクを計算し、あらかじめ考えておく必要があります。

 

また、リスク許容の一般論を下記にてまとめています。

一般的なリスク許容
  • 「リスク許容が低い場合」:少額投資を行いリスクはなるべく低くする
  • 「リスク許容が高い場合」:少し大きめの金額で投資を行い多少のリスクはとる
注意!!

上記はあくまで一般論ですが、少額投資家の場合、リスクをとれば資金を溶かしてしまいますので注意してください。

また反対に、多額の資金を投じる場合には投資手法によって、ある程度のリスクをとらなければならない場面も多々ありますので注意してください。

ユウ
ユウ
大きな額で投資をする場合、少しの逆行で大きな含み損を抱えることが多々あります。その際にすべて損切りするのでは、損失ばかりがかさみますので注意しましょう。

また、許容リスクが低い方ほど小額投資を行うようにしてください。

3, 勝率で決める

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準3つ目は「勝率で決める」です。

多くの方が真っ先に気にするのは「勝率」だと思います。

たしかに、勝率が高いほど稼ぎやすいのは理論上正しいですが、決定打にすることはあまりおすすめできません。

なぜなら「損切の仕方」など「負けた時の対応」によっては「勝率のわりに利益が低い」といったことが起こり得るからです。

そのため「勝率のみを考慮する」といった決め方は絶対にやめましょう。あくまでも勝率は「参考値」として考えるようにしてください。

ユウ
ユウ
あくまでもトレーダーをはかる1つの情報として勝率を見ましょう。例え、他に比べ勝率が低くとも利益が大きいトレーダーはいますので、しっかりと比較検討を行ってください。

4, 取引量で決める

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準4つ目は「取引量で決める」です。

取引量はその人の持つ「経験」や「信頼」にも直結しており「最後の決め手」になりやすい基準の1つです。

ただ「取引量が多い」というだけでは弱いので、他の基準と合わせてください。いくつかの基準をもとに判断しない限り、後悔しかねないため注意しましょう。

ユウ
ユウ
取引量の多さは信頼と経験があってのことなので、初心者の方でもはかりやすいです。そのため、検討材料として確認しておきましょう。

5, 利益率の高さで決める

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準5つ目は「利益率の高さで決める」です。

「利益率が高い」というのは、誰にとっても非常にわかりやすい基準です。

特に「少額ずつ投資したい」という方にとって、利益率の高さは非常に魅力的な基準となりますよ。

注意!!

利益率は分かりやすい基準ですが注意もあります。それは「特定の月だけ利益率が高かった」というケースも見られることです。

利益率は長い目で見てこそ初めて信頼に足る基準となるため、しっかりと数か月分確認するようにしてください。

ユウ
ユウ
利益率が安定していれば、それだけ安定した収益が得られます。そのため、リスクを抑えたい方はぜひ確認してみてください。

 

ユウ
ユウ
以上がbitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準です。基準は複数を用いて初めて決め手となるため、必ず複数の観点からトレーダーを見るようにしてください。特に、初心者の方ほど早まりがちなので注意しましょう。

 

bitget(ビットゲット)でコピートレーダーになる方法

bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準についてはわかりました。

次にbitget(ビットゲット)でコピートレーダーになる方法を教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
では、bitget(ビットゲット)でコピートレーダーになる方法を解説していきます。

トレーダーになるために必要な手順

ユウ
ユウ
まずトレーダーになるために必要なのは「トレーダー申請のみ」となっています。また誰でも申請ができ、多くの場合は数時間ほどで登録が完了します。

具体的な手順は下記の通りです。

トレーダー申請の手順
  1. 公式サイトもしくはアプリからログイン
  2. 「コピー注文」という欄の「プロ契約コピー注文」を選ぶ
  3. 「トレーダーになる」をタップ
  4. 実名での認証を行う
  5. 審査結果を待つ
注意!!
途中トレーダーとしてのニックネームを決めることになりますが、設定した後の変更はできない仕様となっています。
くれぐれも身元に関する情報などは入れないよう注意してください。

注文方法について

注文を出す方法には

  • コピー注文画面にて取引開始
  • 契約注文画面からプロ契約を開き取引開始

以上2通りがあります。

注文時には

  • 取引ペアの設定
  • レバレッジ倍率の設定
  • 取引数量の設定
  • 利確ライン、損切りラインの設定

などを決めることになりますので、見合った数値を入力してください。

トレーダーに入る収入について

トレーダーになると「フォロワー」という形でファンを持つことができ、利益の10%を受け取れるようになります。

決済は毎日行われているため、基本的に毎日受け取りが可能です。

また、どの通貨でトレードしていた場合にも、USDTで利益は支払われることになりますので、押さえておきましょう。

注意!!

フォロワー上限には「口座内の資金額」が関わってきます。

つまり、コピートレーダーとしての収益を増やす場合には、自身もそれなりにお金が必要となるため注意してください。

上限と入金額の関係については下記の通りです。

入金額(USDT換算)フォロワー上限
500以上10,000USDT未満 50人
100,000以上5,000,000USDT未満100人
5,000,000USDT以上150人

出典:bitget公式

 

bitget(ビットゲット)のコピートレードにおける口コミ

bitget(ビットゲット)でコピートレーダーになる方法についてはわかりました。

次にbitget(ビットゲット)のコピートレードにおける口コミを教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
bitget(ビットゲット)のコピートレードにおける口コミは下記の順で解説していきます。

良い口コミ

良い口コミは下記の通りです。

ユウ
ユウ
コピートレードでの収益に喜ぶ声や、フォロワー枠についての告知が多く見られました。ただ、うまくいくのは全体的に「リスク管理」ができる人なので、安易に考えるのはやめておきましょう。

悪い口コミ

悪い口コミは下記の通りです。

ユウ
ユウ
「bitget(ビットゲット)はすぐ溶ける」という悪評を吹聴している方も多いです。ただ、実際は「任せきりにしていたから」という理由がほとんどのようです。

上記ツイートのように「投資におけるリスク管理」は自分でするほかないので、他人任せにするのはやめておきましょう。

 

bitget(ビットゲット)のコピートレードでよくある質問

Q:コピートレードって何ですか?

A:コピートレードとは「他人の取引方法を使って取引をする」といったトレードのことです。

 

Q:コピートレードのメリットを教えてください。

A:自分で取引しなくて良いことや、トレーダーの選択肢が多いことです。

 

Q:コピートレードは危険ですか?

A:コピートレードが特別危険ということはありませんが、リスク管理を怠れば危険にもなります。

また「楽して稼ぎたい」などの理由で投資を始めると、ほとんどうまくいかなくなるため注意してください。

 

まとめ

この記事で覚えてほしいこと

  • コピートレードはbitget(ビットゲット)でしかできないこと
  • bitget(ビットゲット)のコピートレードには7,000以上の選択肢があること
  • bitget(ビットゲット)ではトレーダーの成績を細かく知ることができること
  • bitget(ビットゲット)のコピートレーダーには利用できる人数の上限があること
  • bitget(ビットゲット)のコピートレーダー選びの基準は利益率の高さであること

 

bitget(ビットゲット)はコピートレードで簡単に始められる?はお分かりいただけたでしょうか。

ユウ
ユウ
コピートレードは基本誰にでも使いやすいトレード方法であり、上記で説明した通り「bitget(ビットゲット)でしかできない取引」です。そのため、興味がある場合には利用を検討してみてください。

 

おすすめの記事