bitget(ビットゲット)の手数料は高い?取引手数料や他の海外取引所との比較について解説
この記事でわかること
この記事を読めば

bitget(ビットゲット)ではコピートレードができる
bitget(ビットゲット)では独自トークンの利用で取引コストを下げられる
bitget(ビットゲット)ではゼロカットシステムが採用されている
bitget(ビットゲット)では法定通貨が使えない
bitget(ビットゲット)ではクレジットカード入金ができる

以上の知識が得られ「取引所選びに迷っている」というあなたも「よい取引所探しのヒント」を得ることができます。

 

ユウ
ユウ
こんにちは! 金融メディア「FINAN CELL(フィナンセル)」編集部のユウです。

この記事では「bitget(ビットゲット)の手数料」や「他の海外取引所との比較」について詳しく解説していきます。

最近話題のbitget(ビットゲット)が気になってるんですが、手数料は安いんでしょうか?
キン
キン

ユウ
ユウ
では、今回はbitget(ビットゲット)の手数料について詳しく解説していきます。

 

bitget(ビットゲット)でかかる手数料の種類

bitget(ビットゲット)でかかる手数料の種類を教えてください。
キン
キン

ユウ
ユウ
bitget(ビットゲット)でかかる手数料の種類は下記の5つです。

1, 現物取引の取引手数料

bitget(ビットゲット)でかかる手数料1つ目は「現物取引の取引手数料」です。

現物取引は、株や債券といった取引と同じ取引です。そのため、実際に仮想通貨を購入する取引となります。

また、購入後の仮想通貨は

  • 他の取引所への出金
  • 仮想通貨での決済

などに利用できます。

具体的な取引手数料は下記の通りです。

  • メイカー(指値注文):0.2%
  • テイカー(成行注文):0.2%

    上記の通り、注文方法によらず手数料は「0.2%」となっています。

    また、下記にて手数料の具体例を挙げます。

    例:現物取引で10万円分BTCを購入したという場合

    10万円 × 0.2% =200円

    つまり、10万円分の仮想通貨を購入した場合、手数料は200円かかるわけです。

    ユウ
    ユウ
    他の取引所に比べ手数料が高いです。ただ指値、成行注文どちらであっても手数料が変わらないため、計算がしやすく初心者の方にはおすすめの取引所です。

    2, 先物(USDT、インバース)取引の取引手数料

    bitget(ビットゲット)でかかる手数料2つ目は「先物(USDT、インバース)取引の取引手数料」です。

    先物取引は、将来のある時点で「この価格になったら決済しよう」といった取引です。レバレッジ取引とも言います。

    先物取引の取引手数料は下記の通りです。

    • メイカー(指値注文):0.04%
    • テイカー(成行注文):0.06%

    先物取引の手数料計算は厄介な点もあるため、下記にて具体例を提示しています。

    取引条件
    • BTCが700万円(市場価格)
    • 購入は1枚
    • 0.001BTC(単位)
    • レバレッジ10倍
    • メイカー(指値注文)
    注意!!
    このままでは手数料の計算ができません。
    手数料の計算には「出来高」と呼ばれる数値が必要となりますので注意してください。

    出来高の計算式は

    • 「出来高=市場価格×購入枚数×1枚の単位×レバレッジ倍数」

    となります。

    上記で挙げた条件を当てはめていくと

    • 「700万円×1枚×0.001×10=70,000」

    出来高は7万となります。

     

    出来高がわかったら「取引手数料の計算」へと移りましょう。

    式は

    • 「取引手数料=出来高×手数料」

    となります。

    計算すると

    • 「70,000×0.04%=280」

    となり「280円」かかることがわかります。

    注意!!
    仮想通貨1枚の価格については扱う仮想通貨によって異なりますので注意してください。

    ユウ
    ユウ
    手数料の計算が面倒かもしれませんが、コスト計算は投資成功に欠かせないため必ず行いましょう。特に「少額投資家」や「初心者」は必ず計算してください。

    3, コピートレードの取引手数料

    bitget(ビットゲット)でかかる手数料3つ目は「コピートレードの取引手数料」です。

    コピートレードはbitget(ビットゲット)で「トレーダー登録」を行っているトレーダーの取引手法を借り取引ができるというものです。

    コピートレードの手数料については下記の通りです。

    コピートレード手数料を求める式は

    • 手数料=先物取引手数料+利益分配比率

    となります。

    ※ 利益分配比率とは、コピートレードで手法を借りているトレーダーに渡す利益比率のことです。

    例えば、利益分配率が10%である場合には、利益の10%をトレーダーに渡すこととなります。

    コピートレードの手数料は少し厄介なので、具体例を交えて解説していきます。

    取引条件
    • BTCの現在価格が700万円
    • 枚数は1枚
    • 単位0.001BTC
    • 先物取引を行う
    • レバレッジ10倍
    • 利益分配比率10%
    • 利益が10,000円でた
    • メイカー(指値注文)

    この条件で取引を行う場合

    • 先物取引手数料
    • コピートレード手数料

    以上2つの手数料がかかってきます。

    まず、先物取引の手数料ですが手数料は280円です。次に、利益が10,000円かつ、利益分配比率が10%であるため、トレーダーに支払う手数料は1,000円となります。

    つまり、この条件でのコピートレードにかかる手数料は

    • 280円+1,000円=1,280円

    となるわけです。

    また、最終的な利益は

    • 10,000円 ー 1,280円 = 8,720円

    となります。

    ユウ
    ユウ
    コピートレードを提供している取引所が、bitget(ビットゲット)のみであるため、見慣れていない方も多く手数料がややこしく感じる可能性があります。

    ただ、利益の1割程度で他人のトレード方式を知ることができるため、かなり勉強ははかどります。自身で損失を出しながら学習するより効率も良いので、ぜひ活用してみてください。

    4, 入金手数料

    bitget(ビットゲット)でかかる手数料4つ目は「入金手数料」です。

    入金手数料については無料となっています。

    ただし、bitget(ビットゲット)では「法定通貨での入金」ができないため、国内の取引所からbitget(ビットゲット)へ仮想通貨で送金を行う必要があります。

    つまり、国内取引所の送金手数料はかかるわけです。そのため、厳密には無料と言えないことをしっかり押さえておきましょう。

    ユウ
    ユウ
    海外取引所の多くはbitget(ビットゲット)同様、法定通貨での入金ができません。そのため、利用される際には同時に国内取引所も検討しておくのがおすすめですよ。

    5, 出金手数料

    bitget(ビットゲット)でかかる手数料5つ目は「出金手数料」です。

    bitget(ビットゲット)の出金手数料は通貨ごとに設定されています。

    具体的な手数料は下記の通りです。


    1. BTC 0.0006BTC
    2. ETH 0.006ETH
    3. LTC 0.001LTC
    4. EOS 0.1EOS
    5. XRP 0.1XRP

    ユウ
    ユウ
    自身が使うかもしれない通貨や、主要なものについては確認しておくのがおすすめです。また、仮想通貨の価格変動によって手数料は変化する場合もあるため、注意してください。

     

    bitget(ビットゲット)と他海外取引所の手数料の比較

    bitget(ビットゲット)でかかる手数料の種類についてはわかりました。

    次に、他海外取引所の手数料と比べて安いのかを教えてください。

    キン
    キン

    ユウ
    ユウ
    では、bitget(ビットゲット)と他海外取引所の手数料の比較につい解説していきます。

    ここでは

    • bitget(ビットゲット)
    • binance(バイナンス)
    • bybit(バイビット)

    以上3つの海外取引所で比較していきます。

    具体的には下記の通りです。

    現物取引先物取引
    bitget(ビットゲット)テイカー(成行注文):0.2%

    メイカー(指値注文):0.2%

    テイカー(成行注文):0.04%

    メイカー(指値注文):0.06%

    binance(バイナンス)テイカー(成行注文):0.1%

    メイカー(指値注文):0.1%

    テイカー(成行注文):0.04%

    メイカー(指値注文):0.02%

    bybit(バイビット)テイカー(成行注文):0.1%

    メイカー(指値注文):0.1%

    テイカー(成行注文):-0.025%

    メイカー(指値注文):0.075%

     

    入金手数料出金手数料
    bitget(ビットゲット)無料BTC:0.0006BTC

    ETH:0.06ETH

    XRP:0.1XRP

    binance(バイナンス)無料BTC:0.0005BTC

    ETH:0.01ETH

    XRP:0.25XRP

    bybit(バイビット)無料無料

    出典:bitget公式

    ユウ
    ユウ
    見比べてみるとbitget(ビットゲット)における現物取引の手数料は高くなっています。そのため、現物取引をしたい方は別の取引所を利用する方が良いかもしれません。

    ただ、先物取引に関しては安く他の取引所と比べても遜色ありませんので、FX取引をする方などにはおすすめです。加えて、コピートレードの提供はbitget(ビットゲット)のみなので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

     

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット

    bitget(ビットゲット)と他海外取引所の手数料の比較についてはわかりました。

    次にbitget(ビットゲット)で取引するメリットについて教えてください。

    キン
    キン

    ユウ
    ユウ
    bitget(ビットゲット)で取引するメリットは下記の5つです。

    1, 独自トークンの利用で取引コストを下げられる

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット1つ目は「独自トークンの利用で取引コストを下げられる」です。

    bitget(ビットゲット)では独自トークンの「BGB(Bitget Token)」を発行しています。

    このBGBは価格は高くありませんが「手数料の支払い」に使うと、30%手数料が割り引かれます。そのため、うまく活用すればかなりお得に取引することも可能です。

    ユウ
    ユウ
    現物取引の手数料が安くない分、トークンを利用すればかなり取引コストを下げられます。そのため、取引手数料を下げたい方や、取引量の多い方はぜひ利用を検討してみてください。

    2, クレジットカード入金ができる

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット2つ目は「クレジットカード入金ができる」です。

    bitget(ビットゲット)では「クレジットカードを使った仮想通貨の購入」ができるため、法定通貨は使えなくとも手軽に取引を始められます。

    一方、他の海外取引所では、クレジットカード入金ができないケースも多いため比較検討される際には注意してください。

    また、もし法定通貨が使えない場合には「仮想通貨を国内で買い入金する」といった手段をとりますので覚えておきましょう。

    「2度手間だしクレジットが使いたい」という方は、ぜひbitget(ビットゲット)を利用してみてください。

    注意!!
    海外の取引所では、入金が仮想通貨でしかできない」ということも多く、bitget(ビットゲット)でも日本円での入金などは不可となります。
    勘違いする方も多い点なので注意してください。

    ユウ
    ユウ
    入出金にわずらわしさを感じる場合には、国内の取引所で口座を作っておくのがおすすめです。もし、それもめんどくさい場合には、クレジットカード入金を試してみてください。

    3, ゼロカットシステムが採用されている

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット3つ目は「ゼロカットシステムが採用されている」です。

    bitget(ビットゲット)では「ゼロカットシステム」が採用されており「入金額以上の損失」はでません。

    ゼロカットシステムとは「口座残高がマイナスとなった場合ゼロに戻す」というシステムです。つまり、入金額以上の損失はカットされるため、国内に比べ取引のリスクが低いわけです。

    注意!!
    投資の用語で「証拠金以上のマイナス」が出た場合に請求されるものを「追証」と呼びますので覚えておきましょう。

    ゼロカットシステムの利点は「高レバレッジ取引のリスクを限定できる」という点です。「借金を抱える」といったリスクを負わずに高レバレッジ取引ができるため、初心者の方にもおすすめの取引所です。

    もし「ストレスフリーにレバレッジ取引がしたい」という場合には、bitget(ビットゲット)を利用してみてください。

    ユウ
    ユウ
    初心者や少額投資家にとってレバレッジ取引におけるリスクの差は大きいため、注意してください。特に「短期間に大きく稼ぐ」という目標をお持ちの方は、bitget(ビットゲット)の利用がおすすめです。

    4, コピートレードができる

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット4つ目は「コピートレードができる」です。

    bitget(ビットゲット)のコピートレードとは、上記でも紹介した通り「トレーダー登録をしている方のトレード手法を借りられる」という取引法です。

    そのため、自分の知識や感覚は必要なく、それでいてうまくいっているトレーダーの取引を再現できる取引として人気があります。

    また、現在では「7000人以上の利用者」がトレーダー登録を行っており、コピー注文の累計枚数は「640万以上」となっています。

    さらに、コピートレードはスマホでもPCでも利用が可能なため、制限も少なく初心者の方にもおすすめの取引です。

    ユウ
    ユウ
    前述の通り「コピートレードを提供している取引所」はbitget(ビットゲット)のみです。そのため、もし気になる場合には利用を検討してみてください。

    5, ファンがつけば10%の利益が得られる

    bitget(ビットゲット)で取引するメリット5つ目は「ファンがつけば10%の利益が得られる」です。

    bitget(ビットゲット)では、なりたいタイミングでトレーダー登録を行うことが可能です。またトレーダーになると「ファンを持つことで利益の10%を受け取れる」という特典が受けられます。

    加えて、決算も毎日行われておりファンが増えれば増えるほど日々の収益が高くなっていきます。もちろん日本にもコピートレードのトレーダーはいますし、トレードを学ぶ良い機会ともなりますのでぜひ利用してみてください。

    ユウ
    ユウ
    他人の取引について詳しく見られる機会は少ないため、勉強の機会としてコピートレードの利用価値は大いにあります。そのため、最高効率で勉強したい方はぜひ利用してみてください。

     

    ユウ
    ユウ
    以上がbitget(ビットゲット)で取引するメリットです。基本的に使いやすく、誰にでもメリットがあります。特にコピートレードについては利用価値が大きいため、ぜひ活用してみてください。

     

    bitget(ビットゲット)で取引するデメリット

    bitget(ビットゲット)で取引するメリットについてはわかりました。

    次にbitget(ビットゲット)で取引するデメリットについて教えてください。

    キン
    キン

    ユウ
    ユウ
    bitget(ビットゲット)で取引するデメリットは下記の3つです。

    1, 国内での実績がまだない

    bitget(ビットゲット)で取引をするデメリット1つ目は「国内での実績がまだない」です。

    bitget(ビットゲット)は、日本での取引開始が比較的遅く「2020年頃~」となっています。そのため、まだまだ実績が少なくユーザー数も他の海外取引所に比べ多いとは言えません。

    ただ、現在まで特に出金拒否や約定拒否といったトラブルは確認されておらず特筆すべき事項もないため、安全性に問題はないと言えます。

    注意!!
    どこの取引所にも言えることですが、経営状況の悪化によってトラブルが起きやすくなるケースはよくあります。
    今が安全であったとしても「今後何か起きる」とも限らないため、どこを使うにしても注意はしてください。

    ユウ
    ユウ
    国内での実績はありませんが、海外での実績はそこそこあります。また、口コミ評価も高いため、ぜひ利用を検討してみてください。

    2, 現物取引の手数料が安くない

    bitget(ビットゲット)で取引をするデメリット2つ目は「現物取引の手数料が安くない」です。

    bitget(ビットゲット)の現物取引の手数料は、上記でも紹介した通り「安い」とは言えません。

    再度になりますが、具体的なbitget(ビットゲット)の取引手数料は下記の通りです。

    bitget(ビットゲット)の取引手数料

    現物取引

    • メイカー(指値注文)0.2%
    • テイカー(成行注文)0.2%

     

    先物(USDT、インバース)

    • メイカー(指値注文)0.04%
    • テイカー(成行注文)0.06%

    海外取引所最大手Binance(バイナンス)では「手数料全取引一律0.1%」となっています。また、国内の取引所では無料のところもあるため、現物取引の手数料に関しては他の方が安いです。

    ただ、トークンを利用する場合や先物取引も併用する場合には、bitget(ビットゲット)を利用する方が良いため、よく比較検討を行ったうえで選ぶようにしてください。

    ユウ
    ユウ
    BGBを使い取引手数料を下げることもできるため、他の利用できるサービスも含めて比較検討を行ってください。また、安易に決めると損をするため、注意してください。

    3, 法定通貨が使えない

    bitget(ビットゲット)で取引をするデメリット3つ目は「法定通貨が使えない」です。

    bitget(ビットゲット)では円や米ドル、英ポンドなどに代表される「法定通貨」での入出金ができません。そのため、クレジットカードを利用する以外では他の取引所を経由し仮想通貨を送金する必要があります。

    特に「国内の取引所での現金入金に慣れている」という場合、わずらわしく感じる可能性が高いため、注意してください。

    ユウ
    ユウ
    海外取引所の多くは「法定通貨」を使用できないため注意しましょう。また、もし「海外取引所を使いたい」といった場合には、国内の取引所を「仮想通貨購入用」として利用するのもおすすめです。自身に合うよう臨機応変に対応してみてください。

     

    ユウ
    ユウ
    以上がbitget(ビットゲット)で取引をするデメリットです。どれも回避や軽減が可能なデメリットであるため、困ることは少ないかと思います。ただ、実績について人によっては不信感がぬぐえないこともあるため、そうした場合には無理をせず他の取引所を探してみてください。

     

    bitget(ビットゲット)で手数料を安く済ませる方法

    bitget(ビットゲット)で取引するデメリットについてはわかりました。

    次にbitget(ビットゲット)で手数料を安く済ませる方法があれば知りたいです。

    キン
    キン

    ユウ
    ユウ
    では、bitget(ビットゲット)で手数料を安く済ませる方法については詳しく解説していきます。

    まず、bitget(ビットゲット)では、手数料を最大30%安くすることが可能です。

    安くする方法は下記の2つです。

      1, BGBの利用

      BGBとはbitget(ビットゲット)が発行しているトークンであり、取引手数料をBGBで支払うと現物取引の手数料が安く済みます。

      具体的な手数料の違いは下記の通りです。

      BGB未使用:

      • メイカー(指値注文):0.20%
      • テイカー(成行注文):0.20%

      BGB使用:

      • メイカー(指値注文):0.14%
      • テイカー(成行注文):0.14%

      ユウ
      ユウ
      BGBの獲得は取引量に応じ変化しますので、多ければ多いほど還元率も高く得をします。そのため、もし「取引量が多い」「取引量が多くなる予定」といった場合には、bitget(ビットゲット)を利用してみてください。

      2, 招待コードの利用

      bitget(ビットゲット)では「招待コードの入力欄」があり、入力することで取引手数料が安くなります。ただ、招待コードは「bitget(ビットゲット)登録前」にしか入力ができませんので注意してください。

      ユウ
      ユウ
      「知人から誘われて始める」といった場合には、ぜひ活用してみてください。また、ネット上で公開している方もいますので、もし「知人に誘われてはいないけど気になる」といった場合には探してみてください。

       

      まとめ

      この記事で覚えてほしいこと

      • bitget(ビットゲット)では独自トークンの利用で取引コストを下げられる
      • bitget(ビットゲット)では法定通貨が使えない
      • bitget(ビットゲット)ではクレジットカード入金ができる
      • bitget(ビットゲット)ではゼロカットシステムが採用されている
      • bitget(ビットゲット)ではコピートレードができる

       

      bitget(ビットゲット)の手数料は高い?取引手数料や他の海外取引所との比較について解説はお分かりいただけたでしょうか。

      ユウ
      ユウ
      bitget(ビットゲット)は使いやすく、初心者の方におすすめの取引所です。また、もし「コピートレードに興味がある」といった場合には、利用を検討してみてください。

       

      おすすめの記事