【本当に怪しい?】Deepcoin(ディープコイン)の評判を徹底解説

この記事でわかること

この記事を読めば

  • Deepcoin(ディープコイン)ではキャンペーンが定期的にくる
  • Deepcoin(ディープコイン)では独自のトークン提供がある
  • Deepcoin(ディープコイン)は初心者でも取引しやすい
  • Deepcoin(ディープコイン)ではクレジット入金ができない
  • Deepcoin(ディープコイン)は取引のシステムが強い

以上の知識が得られ「取引所選びに迷っている」というあなたも「よい取引所探しのヒント」を得ることができます。

ユウ
ユウ
こんにちは! 金融メディア「FINAN CELL(フィナンセル)」編集部のユウです。

この記事では「Deepcoin(ディープコイン)の評判や口コミ」「特徴」「メリット・デメリット」について詳しく解説していきます。

数ある仮想通貨を扱う取引所の中でも人気の高い「Deepcoin(ディープコイン)」をご存知でしょうか。

比較的新しいところだと聞いたことがあります。

使いやすい取引所なんでしょうか?

キン
キン

ユウ
ユウ
Deepcoinは使いやすく、初心者の方でも取引がしやすい「ローリスクな投資」もありますね。

ただ、まだまだ仮想通貨市場は認知度が低いので、あまり知らない方も多いんです。

そこで今回は「Deepcoin(ディープコイン)の評判や口コミ」「特徴」「メリット・デメリット」について詳しく解説していきます。

 

Deepcoin(ディープコイン)について

ユウ
ユウ
Deepcoin(ディープコイン)とは「デリバティブ取引所」と呼ばれる取引所であり、仮想通貨を取り扱っています。詳しい概要は下記の通りです。

所在地シンガポール(2018年設立)
取り扱い通貨BTC/ETH/DC/EOS/TRX/PAX/USDC/USDT/FIL/DOT

LINK/KEY/UNI/DOGE/SUSHI/CRV/XTZ/YFI/YFII/AAVE/1inch/CHZ

取引手数料最小0.02%~最大0.1%

(※ 取引方法によります)

時価(2021年11月25日現在)¥25,380,476,534
追証(追加支払い)なし

出典:Deepcoin公式サイト

(※ 追証とは、証拠金を超えたマイナスが出た場合に出る「追加請求」です。額によっては借金になるため、追証の有無でリスクは雲泥の差となります。)

 

Deepcoin(ディープコイン)のサービスについて

Deepcoin(ディープコイン)については分かりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)のサービスについて教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
ここではDeepcoin(ディープコイン)のサービスとして

  1. 通貨ペア
  2. 取引種別
  3. 手数料

以上3つを順に解説していきます。

1, 通貨ペア

Deepcoin(ディープコイン)で取引可能な通貨は下記の通りです。

Deepcoin(ディープコイン)で取引可能な通貨
USDT無期限プロ
BTCUSDT     ETHUSDT   BCHUSDT

LTCUSDT   LINKUSDT   DOTUSDT

USDT無期限ライト
BTC/USDT   ETH/USDT    BCH/USDT

LTC/USDT   EOS/USDT   BSV/USDT

DOT/USDT   LINK/USDT    FIL/USDT

インバース
BTCUSD     ETHUSD    XRPUSD

LTCUSD    BCHUSD    EOSUSD

現物取引
BTC/USDT     ETH/USDT   BCH/USDT

SOL/USDT   UNI/USDT    DOT/USDT

DG/USDT    XRP/USDT    FIK/USDT

1INCH/USDT  AAVE/USDT    ADA/USDT

AXS/USDT   BNB/USDT   CAKE/USDT

CHZ/USDT   COMP/USDT   CRV/USDT

DENT/USDT    DOGE/USDT   DYDX/USDT

ENJ/USDT     EOS/USDT   ETC/USDT

LINK/USDT   LTC/USDT    MANA/USDT

SAND/USDT    MATIC/USDT  MKR/USDT

REN/USDT    SHIB/USDT   SLP/USDT

SUSHI/USDT    TRX/USDT   USDC/USDT

ICP/USDT    XTZ/USDT   YFI/USDT

YFII/USDT     SFP/USDT   OMG/USDT

FTT/USDT     IOST/USDT   ENS/USDT

YGG/USDT     AVAX/USDT    LRC/USDT

XLM/USDT

出典:Deepcoin公式サイト

他の海外取引所に比べ通貨数が若干少なめとなっています。ただ、主要なものは取り揃えているため、多くの方は満足できることと思います。

一方「草コイン」の取り扱いはまったくなく、草コインを触りたい方からすれば、不向きな取引所となりますので注意してください。

(※ 草コインとは、まだ値が低い仮想通貨の総称で「宝くじ感覚」で購入される銘柄です。)

ユウ
ユウ
通貨数が少ないと言っても「国内の取引所」よりは多くなっており、取り揃えも豊富です。そのため、もし「選択肢を多く持ちたい」という場合にはおすすめの取引所と言えます。

2, 取引種別

Deepcoin(ディープコイン)では

  • USDT無期限プロ
  • USDT無期限ライト
  • インバース
  • 現物

以上4つの取引方法から取引ができます。

(※ USDT(テザー)とは「ペッグ通貨」「ステーブルコイン」などと呼ばれる「米ドルと連動して変動する仮想通貨」です。

また、USDT(テザー)は、価格変動があまり起こらないため安定しています。

ステーブルコインとは、仮想通貨の価格安定を保つための仮想通貨のことです。

各取引方法の概要は下記の通りです。

取引の概要
USDT無期限プロ・ライト
注文、決済に「USDT(テザー)」を使う取引
米ドルと連動しているため、損益計算などがしやすく、初心者向けの取引です。
インバース
注文、決済に仮想通貨を使用する取引
取引数量はUSDで入力しますが、証拠金や損益は仮想通貨で計算されます。
さらに、USDT以外の仮想通貨の変動は大きいため、取引の難易度は上がります。
うまく取引できれば大きな利益も出しやすいですが、初心者向けとは言い難い取引です。
現物取引
株などと同じ取引方式値上がり益や配当などを狙う取引であるため「価格が下がっているとき」には利益が出せないのが特徴です。上記の2種とは毛色が異なりますので、取引を行う際には注意してください。

ユウ
ユウ
注文方法は少しややこしいですが「FX系統の取引」が「USDT無期限」「インバース」、「株や債券系統の取引」が「現物取引」と覚えるのがおすすめです。

3, 手数料

Deepcoin(ディープコイン)では「入出金手数料」が無料となっている一方で「取引手数料」はかかってきます。また、取引手数料については「通貨の種類」や「取引方法」などで変わってきます。

具体的には

  • 現物取引:(指値注文)メーカー0.2%、(逆指値、成行注文)テイカー0.2%
  • インバース:(指値注文)メーカー0.02%、(逆指値、成行注文)テイカー0.07%
  • USDT無期限プロ:(指値注文)メーカー0.02%、(逆指値、成行注文)テイカー0.07%
  • USDT無期限ライト:注文0.055%、決済0.055%

以上の通りです。

投資においてコスト計算は非常に重要であるため、しっかりと押さえておきましょう。

ユウ
ユウ
インバースについては「取引数量はUSDで入力し、証拠金や損益は仮想通貨で計算する」というものであるため、計算がややこしくなりやすいです。しかし、USDで計算するのは「取引数量のみ」であることに注意すれば、難しくはないので取引される際にはしっかり押さえておいてください。

 

Deepcoin(ディープコイン)の特徴3選

Deepcoin(ディープコイン)のサービスについてはわかりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)の特徴について教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
Deepcoin(ディープコイン)の特徴は

  1.  取引の種類が多い
  2.  最大レバレッジが大きい
  3.  独自のトークン提供がある

以上3つです。順に解説していきます。

1, 取引の種類が多い

Deepcoin(ディープコイン)の特徴1つ目は「取引の種類が多い」です。

Deepcoin(ディープコイン)では

  • 現物取引
  • CFD取引
  • オプショントレード
  • DC取引マイニング
  • DeFiレンディング

といった多様な取引を行うことができます。

下記にて各取引の概要を簡単に紹介しておきます。

現物取引

株式や債券といった有価証券を扱う取引の総称です。

一般的に信用取引や先物取引、オプション取引と区別するために使われる用語です。

 

CFD取引
CFDは「デリバティブ取引」と呼ばれる取引の1種であり「差金決済取引」のことです。
簡単に言えば「FXのように証拠金を預け銘柄を取引する」というものです。

基本的に商品CFDと株価指数CFDの2種類があり、商品CFDには「金、銀、WTI原油、北海原油、天然ガス、コーン、大豆」などがあります。(※ 株価指数については比較的難しいため、ここでは省きます。)Deepcoin(ディープコイン)で取引できるのは「暗号資産CFD」もしくは「仮想通貨CFD」と呼ばれるCFD取引となっています。取引画面上ではUSDT無期限と出ますので、混乱しないよう注意してください。

 

オプショントレード

オプショントレードとは「数分後の通貨の価格が上がるのか下がるのか」を予測する取引のことです。

広く知られているものだと「バイナリーオプション」などがあります。一方で、Deepcoin(ディープコイン)では「仮想通貨の上昇下落」を予想します。

ただし、オプショントレードができるのは「スマホアプリのみ」である点に注意してください。

 

取引マイニング

Deepcoin(ディープコイン)では取引量に応じ「DC」と呼ばれるトークンが手に入ります。トークンは仮想通貨の1種です。Deepcoin(ディープコイン)ではこのDCを使い「取引マイニング」ができます。

内容としては「DCで取引すると手数料のうち10~30%がDCで還元される」というものです。つまり、DC/USDTで取引した場合に手数料がお得になるわけです。そのため取引量が多いほど、DCの還元率も高くなります。

(※ 一方で、DCトークンを持っているだけで定期的な報酬がでる「ステーキング」という取引も可能です。)

 

DeFiレンディング

Deepcoin(ディープコイン)では「USDT(テザー)」と呼ばれる暗号資産を預けるだけで利息が手に入る「DeFiレンディング」を行うことができます。

この取引方法に至っては「売買の必要」がなく、放っておくだけでUSDTを増やすことが可能です。

年利に関しては10%以上であった実績もあり、実に国内の普通預金の1万倍となっています。

ユウ
ユウ
上記の通り、取引方法が多いため「取引幅が欲しい」という方におすすめのFX会社です。先を見据えるのであれば、選択肢は多い方が良いのでぜひ利用を検討してみてください。

2, 最大レバレッジが大きい

Deepcoin(ディープコイン)の特徴2つ目は「最大レバレッジが大きい」です。

Deepcoin(ディープコイン)では、最大で「125倍」のレバレッジをかけた取引が可能であり、この数値はかなり大きいです。

例えば「資金が1万円ある」といった場合には「125万円分の取引」が可能であり、かなり資金効率が良くなります。そのため、資金の少ない方にとっては非常に重宝するシステムと言えます。

もし「なるべく資金効率よく稼ぎたい」という場合には、Deepcoin(ディープコイン)を利用してみてください。

ユウ
ユウ
投資において「レバレッジの存在」は、成功可否に関わる大きな項目となります。うまく扱えれば「すぐに成功する」といったケースもあるため、初心者の方はぜひレバレッジの扱いから学んでみてください。

3, 独自のトークン提供がある

Deepcoin(ディープコイン)の特徴3つ目は「独自のトークン提供がある」です。

上記でも紹介しましたが、Deepcoin(ディープコイン)では「DCトークン」と呼ばれる仮想通貨の提供があります。このDCでの取引には「手数料還元」がつくため、使い方によってはかなり重宝することとなります。

具体的な還元率については「手数料のうち10~30%」です。また、DCトークンを持っているだけで定期報酬がもらえる「ステーキング」という取引も可能です。取引量が多いほど、DCトークンが還元されるようになるため、取引金額が大きくなる人には特においしい特徴と言えます。

ユウ
ユウ
特に「ステーキング」は、所有しているだけで良いので「ローリスクな取引」と言えます。また、忙しい方でも取引が可能なため、取引時間が少ない方などにもおすすめですよ。

 

ユウ
ユウ
以上がDeepcoin(ディープコイン)の特徴です。基本的に誰にでも使いやすいため、おすすめの取引所です。特に「長く取引をする予定」という方にはおすすめなので、ぜひ利用を検討してみてください。

 

Deepcoin(ディープコイン)で取引をする5つのメリット

Deepcoin(ディープコイン)の特徴については分かりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリットについて教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリットは

  1.  DeFiを利用できる
  2.  キャンペーンが定期的にくる
  3.  取引のシステムが強い
  4.  DCトークンの還元がある
  5.  初心者でも取引しやすい

以上5つです。順に解説していきます。

1, DeFiを利用できる

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリット1つ目は「DeFiを利用できる」です。

Deepcoin(ディープコイン)では「DeFiの利用」ができます。Deepcoin(ディープコイン)におけるDeFiサービスは「秒息宝」という名称であり、ワンタップで利息の受け取りが可能です。

DeFiとは「分散型金融」と呼ばれる1種の金融サービスです。

その特徴は

  • スマートコントラクト(※)の安全性や透明性が高い
  • イールドファーミング(※)ができる
  • 特定の国の金融機関を通さないためにボーダーレスな取引が可能

以上の3つが挙げられます。

(※ スマートコントラクトとは、プログラムに基づき契約を自動的に実行する仕組みのことです。仮想通貨の根幹である「ブロックチェーン技術」との相性が良く、組み合わさることで高い安全性と透明性を実現します。)

(※ イールドファーミングとは、DeFiサービスに通貨を預け入れた場合に「流動性に対するインセンティブ」として、利息や手数料がもらえる仕組みです。この仕組みを使った資産運用は、近年アメリカで大きなトレンドとなっています。)

Deepcoin(ディープコイン)で利用できるDeFiサービスは「USDT(テザー)」を使った「DeFiレンディング」です。「売買の必要」がなく、放っておくだけでUSDTを増やすことが可能なため、初心者の方でも行いやすい取引です。年利に関しては10%以上であった実績もあるため、かなり利回りは良いと言えます。

ユウ
ユウ
アメリカでは「2桁の利回りが目指せる」と話題になり、一気に人気が沸騰しました。中には「利率30%」というものもあるため「放置型の投資をしたい」という方にはおすすめですよ。

(※ 2桁の利回りとは、金利のパーセンテージのことです。具体的には10%以上のことを指します。)

2, キャンペーンが定期的にくる

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリット2つ目は「キャンペーンが定期的にくる」です。

Deepcoin(ディープコイン)では、定期的にキャンペーンが開催されています。

具体的には

  • DCトークンのエアドロップ(※)
  • 入金ボーナスの配布
  • トレードイベントでの賞金

などがあります。

(※ 仮想通貨業界では、無料でトークンを配るイベントのことを「エアドロップ」と呼びます。

どのキャンペーンもかなりお得な内容であるため「ボーナスが欲しい」という場合には、ぜひDeepcoin(ディープコイン)を利用してみてください。

ユウ
ユウ
こうしたボーナスは「収入源を簡単に増やす最大のチャンス」であるため、利用される際には積極的に狙いに行きましょう。特に「DCトークンのエアドロップ」は「取引マイニング」に使えるため、必ず受け取ることをおすすめします。

(※ Deepcoinにおける取引マイニングは、「DCで取引すると手数料のうち10~30%がDCで還元される」というものです。)

3, 取引のシステムが強い

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリット3つ目は「取引のシステムが強い」です。

Deepcoin(ディープコイン)の取引システムはかなり強固であり「システムダウンが起きにくい」として有名です。

また処理速度が速いため、それに伴って約定スピードも速く無駄な損失がなくて済みます。約定とは「顧客の希望通り注文が通ること」であり、このスピードが遅いと不利な位置で注文が入る可能性があります。

特に初心者のうちは「損切がうまくできない」というケースも多いため、約定スピードなどを重視するのはおすすめですよ。

ユウ
ユウ
どんな投資でも言えることですが「約定ができない取引所での取引」はリスクが跳ね上がります。特に、初心者のうちは資金が少ないことも多く、約定ズレは致命的となりますので注意してください。

4, DCトークンの還元がある

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリット4つ目は「DCトークンの還元がある」です。

Deepcoin(ディープコイン)には、上記でも紹介した通り「DCトークン」というトークンの提供があります。

このトークンは、取引マイニングやエアドロップなどといった「取引に対する還元」で獲得でき「獲得したトークンを売却して利益にする」ということもできます。

そのため、非常に有用性が高く持て余すこともないです。また、Deepcoin(ディープコイン)では「エアドロップ」などのキャンペーンを定期的に行っているため「DCトークンを獲得する機会」も多く「お得に取引したい方」にはおすすめですよ。

ユウ
ユウ
取引量に応じもらえるDCトークンの量は変わりますが、資金源を増やす良い機会となります。特に初心者にとっては「仮想通貨に触れる機会」が増えるため、相場の勉強もはかどりますよ。

5, 初心者でも取引しやすい

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリット5つ目は「初心者でも取引しやすい」です。

Deepcoin(ディープコイン)では、上記でも紹介した通り

  • 現物取引
  • CFD取引
  • オプショントレード
  • DC取引マイニング
  • DeFiレンディング

といった取引ができ、取り扱っている取引の種類が多いです。

中でも

  • DC取引マイニング
  • DeFiレンディング

といった取引は、初心者でも扱いやすい取引となっています。

また、DCを使ったステーキングも初心者向けの取引と言えます。

各取引の概要は下記の通りです。

各取引の概要

DeFiレンディング
「USDT(テザー)」を預けることで利息が手に入る取引

ステーキング
DCトークンを持っているだけで定期的な報酬がでるという取引

取引マイニング
DCで取引すると手数料のうち10~30%がDCで還元される取引

ユウ
ユウ
「暗号資産はハイリスク」というイメージを持っている方も多いですが、実際には上記の通り「ローリスクなもの」もあります。また、暗号資産はFXや株式に比べ仕組みや用語が難しいため、実践しながら覚えていくのがおすすめですよ。

 

ユウ
ユウ
以上がDeepcoin(ディープコイン)で取引をするメリットです。特に「DeFi」と「DCトークン」がおいしいうえ、初心者にも扱いやすいです。そのため、比較的初心者向けの取引所です。もし「どの取引所が良いのかわからない」という場合には、利用をおすすめしますよ。

 

Deepcoin(ディープコイン)で取引をする3つのデメリット

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするメリットについては分かりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリットについて教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリットは

  1.  クレジット入金ができない
  2.  比較的取引銘柄が少ない
  3.  会員ランクによって機能に制限がある

以上3つです。順に解説していきます。

1, クレジット入金ができない

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリット1つ目は「クレジット入金ができない」です。

Deepcoin(ディープコイン)では「クレジット入金」が不可となっており、人によっては不便と感じる可能性もあります。

ただし、Deepcoin(ディープコイン)では「仮想通貨での入金」が可能であり、入金可能な通貨の数が豊富です。

具体的には下記の通りです。

Deepcoin(ディープコイン)で入金可能な通貨
BTC(ビットコイン)   ETH(イーサリアム)
LTC(ライトコイン)   XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)   EOS(イオス)
TRX(トロン)   PAX(パクソス)
USDC(USDコイン)   USDT(テザー)
FIL(ファイルコイン)   DOT(ポルカドット)
LINK(リンク)   KEY(セルフキー)

法定通貨では入金できないものの、入金手段は比較的豊富なので特に大きな問題はないかと思います。ただ「それでもクレジットが欲しい」という場合には「今後の対応に期待する」もしくは「別の取引所を探してみる」どちらかをおすすめしますよ。

ユウ
ユウ
最終的な取引では「仮想通貨」を使うことになるため、仮想通貨のみの入金対応の方が取引はしやすいです。そのため、もし「クレジットの対応有無はどちらでもよい」という場合には、ぜひDeepcoin(ディープコイン)を利用してみてください。

2, 比較的取引銘柄が少ない

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリット2つ目は「比較的取引銘柄が少ない」です。

Deepcoin(ディープコイン)は他の取引所に比べ取引銘柄が少ない傾向にあります。他の取引所では「草コイン」と呼ばれる「時価総額の低い仮想通貨」を置いていることもあるのですが、Deepcoin(ディープコイン)にはこうした銘柄が全くありません。

草コインには「何かの拍子に急騰する」といった特徴があるため「宝くじ感覚」で購入する投資家も多いです。そのため、こうした「楽しみが欲しい」という場合には別の取引所を探してみてください。

ただ、取引量が多いものや最低限必要な銘柄などはあるため、そうしたこだわりがなければぜひDeepcoin(ディープコイン)を利用してみてください。

ユウ
ユウ
「取引銘柄が少ない」と言っても国内などに比べた場合には豊富な部類です。決して「足りない」というわけではないため「この草コインが欲しい」というこだわりがある方以外には、Deepcoin(ディープコイン)をおすすめしますよ。

3, 会員ランクによって機能に制限がある

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリット3つ目は「会員ランクによって機能に制限がある」です。

Deepcoin(ディープコイン)のユーザーには「会員ランク」というものがつけられ、1か月の取引量に応じ変化しています。このランクが最低であった場合、USDTを保有していると利息がもらえるシステム「秒息宝」が利用できません。

「秒息宝」の利息還元率と会員ランクについては下記の通りです。(※ 2021年11月25日時点でUSDT=¥115.45となっています。下記取引量の参考にしてください。

ランク取引量(USDT)利息の還元率
VIP050万未満20%
VIP150万以上30%
VIP2200万以上32%
VIP3500万以上35%
VIP41000万以上38%
VIP55000万以上40%
VIP61億以上42%
VIP75億以上45%
VIP810億以上46%
VIP915億以上48%
VIP1020億以上50%

ユウ
ユウ
可能であれば「多量の資金を持っての取引」がおすすめです。また、仮想通貨市場ではFXなどのように「数千円でも恩恵が受けられる」ということは少ないため、注意してください。

 

ユウ
ユウ
以上がDeepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリットです。どれも「特定の人にとって」は大きなデメリットとなる可能性があります。そのため、デメリットが薄い方も多く比較的使いやすい取引所と言えます。もし「取引所選びに迷っている」という場合には、ぜひDeepcoin(ディープコイン)を利用してみてください。

 

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできる人できない人

Deepcoin(ディープコイン)で取引をするデメリットについては分かりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできる人について教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
ここでは

  • おすすめできる人
  • おすすめできない人

以上の順に解説していきます。

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできる人

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできる人は

  • 取引に幅が欲しい人
  • 仮想通貨が初めての人
  • 大きなレバレッジが欲しい人

などです。

理由には

  • 取引の種類が多いこと
  • 初めてでも触りやすい取引が複数あること
  • レバレッジが大きいこと

以上が挙げられます。

ユウ
ユウ
誰にでも使いやすいため「良い取引所を探している」という方にはおすすめです。また、DeFiやDCトークンはローリスクなため、投資の勉強としてもおすすめですよ。

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできない人

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできない人は

  • クレジット入金が欲しい人
  • 取引銘柄がたくさん欲しい人

などです。

理由には

  • クレジット入金が不可なこと
  • 取引銘柄が若干少ないこと

以上が挙げられます。

ユウ
ユウ
取引銘柄については「最低限以上ほしい」という場合には、少ない可能性があります。特に「草コイン」を触りたい場合には、他の取引所を探してみてください。

 

Deepcoin(ディープコイン)における評判や口コミ

Deepcoin(ディープコイン)をおすすめできる人については分かりました。

次に、Deepcoin(ディープコイン)における評判や口コミを教えてください。

キン
キン

ユウ
ユウ
ここでは

  • 良い評判や口コミ
  • 悪い評判や口コミ

以上を順に解説していきます。

良い評判や口コミ

良い評判や口コミは下記の通りです。

ユウ
ユウ
全体的に「コインの伸び」や「キャンペーン」についての良い口コミが多く見られました。また、取引のしやすさにも定評があるため、初心者の方はぜひ利用してみてください。

悪い評判や口コミ

Deepcoin(ディープコイン)についての悪い評判や口コミは一切見られませんでした。そのため「これがあったらもっと」という利用者の口コミを紹介します。

ユウ
ユウ
全体的に「これがあったらもっと高評価」といったプラスの要望が多く、ユーザー満足度は高いです。そのため、もし「ユーザーライクな取引所が良い」という場合には、利用をおすすめしますよ。

 

Deepcoin(ディープコイン)についてよくある質問

Q:Deepcoin(ディープコイン)でできる取引を教えてください。

A:

Deepcoin(ディープコイン)でできる取引は

  • 現物取引
  • CFD取引
  • オプショントレード
  • DC取引マイニング
  • DeFiレンディング

以上5つです。

詳しい概要についてはこちらを確認してください。

 

Q:Deepcoin(ディープコイン)で出た損失は請求されますか?

A:追証がないため、請求はされません。

(※ 追証とは、証拠金を超えたマイナスが出た場合に出る「追加請求」です。

 

まとめ

この記事で覚えてほしいこと

  • Deepcoin(ディープコイン)ではDeFiを利用できる
  • Deepcoin(ディープコイン)は取引のシステムが強い
  • Deepcoin(ディープコイン)ではキャンペーンが定期的にくる
  • Deepcoin(ディープコイン)ではクレジット入金ができない
  • Deepcoin(ディープコイン)ではDCトークンの還元がある

 

【本当に怪しい?】Deepcoin(ディープコイン)の評判を徹底解説はお分かりいただけたでしょうか。

ユウ
ユウ
数ある取引所の中でもトップクラスに使いやすく、人気のある取引所となっています。そのため、取引所選びに迷った際にはぜひ利用してみてください。この記事が良い取引所選びの参考となれば幸いです。

 

おすすめの記事